内職自宅シール貼り.com
ホーム > start > 自宅でシール貼り体験談

自宅でシール貼り体験談

自宅でシール貼を貼るバイトには良い思いでと悪い思い出の両方があるようです。

jitaku-seal03.jpg

自宅でシール貼を貼るバイトのメリットは、覚えることが少 ないので初心者でもはじめやすいということです。さすがに覚えることが全くないようなバイトはありません。しかし、すぐに覚えられるようなバイトも意外と少ないのです。例えば、工場でアルバイトをしたら貼りつけ作業に入るだけではなく、品出しなども行います。貼りつけだけなら比較的すぐに覚えられるものの、品出しのスピードはやはり経験の差がでます。どこにどの商品があるのかということを覚えなければなりません。自宅だとやることは限られているので仕事もすぐに覚える事ができます。

大規模な倉庫などにに比べると自宅だと比較的すぐに仕事が覚えられるというメリットがあります。 どのような仕事でも、未経験の人が最初から高い時給で働かせてもらえるとい うことはありません。高卒もしくは大卒の新入社員の平均的な月収は18万円~22万円程度です。日本人の平均年収は400万 円~500万円程度と言われているので、新入社員の年収はかなり低いことがわかります。しかし、月収20万円程度が上限のシール貼りでも企業は高いコストを払っていると言えます。なぜなら、最初から企業に貢献できるという人はあまりいないからです。

最初のうちはむしろ足手まといになることすらあります。企業はコストと時間を払って内職さんを募集するから。給料に見合った働きができるようになるのは数年が経過した後でしょう。 単純作業のバイトのメリットは、最初からそれなりに活躍できるのですが時給は低めに設定されている傾向があるということです。基本的に、内職をする場合でも面接のときに「どのくらい の期間働けますか」などと聞かれます。仕事が身についてすぐにやめられてしまうと企業にとってデメ リットです。そのため、ある程度は長く働ける人材が求められます。

やっぱり比較的短時間のうち に仕事を覚えられるので、「1日だけ働く」「1週間だけ働く」ということが認められやすいです。単発でのバイトなど では2時間作業をしただけなのにまるまる1日分の給料がもらえたという良い思い出などを話す人がいます。 逆に悪い点とし て、同じことをずっと繰り返すので飽きてしまうという感想をもらす人が多いです。例えば、楽そうに見えたので商品をダ ンボールに入れて梱包をするという仕事に応募したが、ひたすら同じ作業を繰り返すためにかえって大変だったという例な どです。仕事内容が簡単ならよいというわけでもなく、ある程度はメリハリが必要なのかもしれません。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする