内職自宅シール貼り.com
ホーム > シール貼り作業の注意点 > シール貼り作業の際に注意すべき点~時間編~

シール貼り作業の際に注意すべき点~時間編~

現在、在宅ワークが大変人気ですよね。主婦のかただけでなく、会社員の方が副業として在宅ワークを行っていることも多くなりました。このように手軽に誰もができる在宅ワークやシール貼りなどを仕事にする場合、覚えておきたいルール・考えがあります。これからシール貼りなどの在宅ワークを行おうと思っている方、ぜひ参考にしてみてください。

【時間にメリハリを】

シール貼りなどの在宅ワークは、いつでも好きな時間に好きなだけ仕事ができるというのが利点ですよね。しかし、このいつでも好きな時間に好きなだけ仕事ができるとうのは言い換えれば、自分で時間を決めて自分が決めた量だけ仕事をしなければならないとも言えます。つまり、計画を立てて仕事をしないとなかなか報酬には結びつかないということなのです。人は、締め切りやノルマがあればそれを達成しようとします。しかし、このように「自分のペースで」とか「できる範囲で」となると、なかなか思うように仕事が進まないのも事実です。

内職の難しい点は、ここにあるのではないでしょうか?在宅ワークは結構この点が勘違いされがちなのですが、自分の空いている時間に仕事をするのであって、だらだら仕事をする、ながら業務が行えるというわけではありません。仕事をするときは、在宅であっても出勤であってもその時間はそれだけに集中しなければならないのです。ですので、「自宅」という自分の生活のベースになっている場所での仕事は、特に自分でしっかりとメリハリをつけて仕事をしなければ、かえって難しいのです。

また、在宅ワークは時給単価という換算ではなく、ほとんどが裁量制です。ですので、仕事が早ければ早いほど時給単価としては高くなります。例えば、1枚シールを貼って1円の報酬がもらえる仕事があったとして、時給単価は1000円くらいは欲しいとなれば、当然1時間で1000個のものにシールを貼らなければなりません。シール貼りの作業は慣れれば簡単ですが、とはいえ1時間にできる量も限られます。よほど集中して作業をしなければ報酬には繋がりません。

在宅ワークをしよう、シール貼りの仕事がしたいと思っておられる方、まず勤務に充てる時間が現時点であるのかどうか、シール貼りであればシール貼りだけを行える時間が1日のうちどれくらい確保できるのかを考えてから応募するようにしましょう。


同ジャンル関連ページ


キーワード


コメントする